これからの税理士の探し方とは

これからの税理士の探し方とは

知人の紹介や近い税理士以外でこれから必要になる税理士の探し方のコツとは

知人の紹介以外で税理士を探す方法

税理士に仕事を依頼しようと思っても、果たして誰に頼むのが一番良いのか判断に困ります。従来では知人の紹介が圧倒的に多かったのですが、その弊害も知られるようになりました。

友達の友達は皆友達だ、とはならないように、ある人や事業にとっては有能な税理士であっても、自分の性格や事業に合う人物だとは限りません。

現在では、税理士を探す方法の選択肢が増えました。税理士紹介サービスも実績を積んで信頼出来るところが増えましたし、クラウドソーシングを通じて出会うこともあるでしょう。

そうした中、自分にとって適切な税理士を選ぶ時のコツとして、よく例に挙げられているものを、参考としていくつかピックアップしてみました。基本的なことばかりですが、見直してみる価値があるものばかりです。

まずひとつには、業種に合った税理士を選ぶことです。税理士にはそれぞれに得意とする分野が自然と培われていくものですが、それがある程度の専門性につながります。

特に個人で税理士事務所を開設している場合には、税理士自身の経験がノウハウの大半を占めることになるので、得意な、あるいは経験したことがある業種を事前に確認しておきたいところです。

税務と言っても単純なものではなく、業種ならではの慣習や傾向、売上推移のサイクル、市場性などを考慮して判断し、提案するべきものがありますから、打ち合わせもスムーズに行くようになるでしょう。

続いて挙げておきたいことは、なるべくフットワークの軽い税理士を選ぶべきだということです。このことは印象にもつながることですが、税理士の実用性に大きく影響します。

これは必ずしも近所に事務所があることだけに限らず、顧客の問いかけに素早く、かつ的を射る答えを返してくれることでもあります。

またどんなに優秀な税理士でも、あまり顧客を抱えすぎていると、どうしても個々の顧客への対応が遅れがちになります。そうした物理的、時間的な制約も考慮して、相性の良さと判断するべきでしょう。

最後には、自分の事業の経営規模に合った税理士を選ぶべきだということです。分野によって得意不得意が税理士にあるように、顧客の規模によっても対応力に違いが出るものです。

個人や小規模事業者でも、業種によっては仕訳の頻度が多くなったりすると、個人経営の税理士では対応しづらいと感じることもあります。

ある程度の規模感がある事業では、税務以外のことでも積極的にアドバイスを受けたいという要請があるでしょう。そこでは税理士法人のような、トータルアドバイザーに需要があるはずです。

こうしたことは、顧客側が考えていても答えは出ないものです。契約の候補となる税理士を見つけたら、率直に希望を伝えて、具体的にどのように対応出来るのかを聞けば、自ずと判断がつくと思います。

→ 自分では探せないような税理士を紹介してもらえる会社があります。